若桜宮学園に通うc達の記述とか戯言とか。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 GOTH―リストカット事件 

  

 クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い 

  

 テイルズ オブ ジ アビス 

  
≡ SPONSORED ≡
<< 3 | main | 5 >>

♯ スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

♯ 4

檀の設定アレコレ。

興味の無い方はスルーしてください。
結構独りよがりな感じかもなのでとりあえず閉じこんでみる。


 佐久間檀。
 そこそこお金持ちにの家に生まれるが中二の前半に親から勘当され疎遠となる。
 理由は当時付き合っていた彼女が妊娠したため。
 実際はその彼女とは手ぐらいしか繋いでおらず、援助交際の間違いで身篭ってしまった彼女が親にその事実を隠し通すため、嘘の発言をして檀に責任をなすりつけた。
 世間体を気にする親は掌を返したように檀を冷たくあしらい、違うと訴えても聞き入れてくれず、勘当と宣言されてたまらず家を飛び出した。
 その数日後フラフラと町をうろつき荒んだ表情と姿でゴミ捨て場に蹲っていた(本人はゴミ捨て場とは気付いていなかったが)ところ、朝のゴミ出しに出ていた征雄(当時中二)に見つかり言葉巧みに保護される。
 征雄とその父に家に帰るよう説得されるが、断固拒否する。
 更に説得を試みたがあまりしつこくすると逆効果だと途中で悟り、途方に暮れた征雄父がなんとか佐久間の家の住所と電話番号を突き止め連絡を取ろうとしたものの、電話をかけては直ぐ切られ、直接出向いては「そんな子知りません」と門前払い。
 仕方なく檀を暫く預かる旨の手紙をそっとポストに入れる。
 その後アレコレあって檀は秋葉家の居候(にしては態度でかい)となる。
 中学は在籍だけし、毎日学校にも行かず秋葉父の経営する喫茶店にてアルバイトに似た手伝いをして暮らしたが、義務教育というありがたいもののお陰で出席日数足りなくてもなんとか卒業。
 勿論内申書はボロボロだが、頭は悪くないため征雄と同じ高校(若桜宮)に入学。
 其処で暁と出会い三馬鹿トリオ状態に。
 そして二年程度が経ち今に至る。

 その間の補足的付け足し。

 一緒に暮らし始めてそれ程経ってない頃。

 征「隣のクラスにさ、転校生が来たんだよね。関西弁の人」
 檀「へぇ」
 征「なんかモテモテだったんだけど、関西弁ってモテるのかなぁ?」
 檀「そうなんじゃね(知るかよ)」
 征「んじゃ俺今日から関西弁の勉強する!(真剣」
 檀「おう(うっわ馬鹿だなコイツ)」

 そして高校に入学する前。 

 征「あのさあのさ!最近男が眼鏡かけんのがブームなんやて!」
 檀「へぇ」
 征「僕も眼鏡かけてビシーッとしとったら女の子にモテモテになるやろか!」
 檀「なるんじゃね(ああ、そういや前にもこんなんあったなぁ)」
 征「ちょっと駅前の眼鏡屋行ってこうてくるわ!」
 檀「おう(本物の馬鹿誕生、か…)」

 ……^^
 まあ、こんな感じですよと。
 雰囲気なりとも感じてくだされば。
 やばい。
 こいつ等の設定(?)考えるの楽しい…。
| むぎ | 00:51 | comments(0) | - | | |

♯ スポンサーサイト

| - | 00:51 | - | - | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。